バストアップマッサージ方法やり方は色々ある

バストアップマッサージ方法、やり方は色々あります

 

妊娠して大きくなったバストが、出産後の授乳期を経てしぼんでしまい、一度のびた皮膚がそのままなのでまるでカーテンみたいに垂れ下がった乳房になることが、産後の女性にはよくあります。

 

それはいってみれば自然現象なので仕方ないことなのですが、いつまでも外見が若さを保てる現代ではそうも言ってられません。

 

そこで、バストアップを望む方が世の中にはたくさんいらっしゃいますから、バストアップはダイエットと並ぶほどの巨大な市場になっています。

 

サプリメントを飲んだり筋力を鍛えたり、色々方法はあるのですが、今回はマッサージです。バストアップのマッサージ方法は簡単です。

 

胸の肉の流れ、乳腺は乳首にむかって走っていますから、それに剃って手でぐいぐいと寄せましょう。

 

やり方は、片手で片方の胸に外側から手を当て、それをもう片方の手で補佐します。そしてそのまま体の中央に向かって押しましょう。

 

マッサージ方法は本にものっていますが、簡単なやり方は産院でも教えてくれます。

 

バストアップラボのマッサージはわかりやすくて簡単です。

 

入浴でバストアップを

 

入浴の仕方によって、バストアップをすることができます。入浴は体を温め血行促進をし、新陳代謝をすることで健康維持にも効果があります。

 

バストアップのためには、シャワーではなく、湯船でしっかり体を温めることが大切です。

 

体の芯まで温まることによって、血行を促進し、女性ホルモンを活性化させることができます。

 

しかし、熱いお湯は体内のたんぱく質を壊してしまう可能性があるために、38度前後を目安にお風呂のお湯の温度を調節することが大切です。

 

体が温まった状態でマッサージをすると、冷えに対しても有効で、デドックス効果もあります。さらに、お風呂でのマッサージは、血行やリンパの流れをよくすることができます。

 

マッサージをすることで、体のこりをほぐすことができ、お風呂で体が温まることで、寝つきもよくなるために、主に睡眠中に出やすい女性ホルモンの分泌を増やすことができるので、入浴をすることはバストアップにとても大きな効果があります。

 

バストアップのための生活習慣と食生活

 

バストアップには、マッサージやツボや体操といった方法があります。即効で胸を大きくをしたいという方には、ヒアルロン酸注入やバック挿入などの手術をする方法もあります。

 

バストアップは毎日の生活習慣や食生活などによって、自分でもすることができます。

 

生活習慣では、マッサージをしたり、夜しっかり寝ることによって、女性ホルモンを活性化させることができるためにしっかりと女性ホルモンを分泌させることが大切です。

 

さらに、ブラジャーのつけ方によって、胸の血行が阻害されてしまうと、胸に栄養がいきわたらなくなり、冷えなどにもつながるために、しっかりと選ぶことが重要です。

 

さらに、食生活の中には、女性ホルモンの代わりをするイソフラボンなどが豊富な大豆などの食品を摂ったり、サプリメントなどで女性ホルモンを増やしたりすることでバストアップをすることができます。

 

女性ホルモンを活性化させることが、バストアップのための大きな鍵となります。

 

  • LINK2を更新しました
  • LINK1を更新しました